メンバー専用
Select Language
サイト内検索
メインメニュー
1979年 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
1979年度 1980年度 1981年度 1982年度 1983年度 1984年度 1985年度 1986年度 1987年度 1988年度 1989年度 1990年度 1991年度 1992年度 1993年度 1994年度 1995年度 1996年度 1997年度 1998年度 1999年度 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度

2016年度の論文一覧

R. Uday Kiran, Masaru Kitsuregawa, P. Krishna Reddy,Efficient discovery of periodic-frequent patterns in very large databases, Journal of Systems and Software, 2016, 112, 110-121 (2016) [detail]
Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa:,Application Sensitive Energy Management Framework for Storage Systems, ICDE2016, 1554-1555 (2016) [detail]
伊藤正彦,ソーシャルメディア時系列解析のための3次元情報可視化, 可視化情報, 36, 141, 21-26 (2016.04) [detail]
Shonosuke Ishiwatari, Naoki Yoshinaga, Masashi Toyoda, and Masaru Kitsuregawa,Instant Translation Model Adaptation by Translating Unseen Words in Continuous Vector Space, Proceedings of the 17th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing 2016), (2016.04) [detail]
Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto, and Katsumi Tanaka,How do Users Handle Inconsistent Information? The Effect of Search Expertise, Proceedings of the 31st Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC2016), 1066-1071 (2016.04) [detail]
喜連川優,ビッグデータ, 學士會会報, No.918 2016-, pp.78-83 (2016.05) [detail]
佐藤 翔悦, 石渡 祥之佑, 吉永 直樹, 豊田 正史, 喜連川 優,発話状況を意識したオンライン上の対話における応答選択, 2016年度 人工知能学会全国大会 , (2016.06) [detail]
Daisaku Yokoyama, Masashi Toyoda,Do Drivers’ Behaviors Reflect Their Past Driving Histories? – Large Scale Examination of Vehicle Recorder Data –, 2016 IEEE International Congress on Big Data, 361-368 (2016.06) [detail]
J. Komiyama, J. Honda, and H. Nakagawa,Copeland Dueling Bandit Problem: Regret Lower Bound, Optimal Algorithm, and Computationally Efficient Algorithm, Proceedings of the 33rd International Conference on Machine Learning (ICML 2016), (2016.06) [detail]
Shoetsu Sato, Shonosuke Ishiwatari, Naoki Yoshinaga, Masashi Toyoda and Masaru Kitsuregawa,UT Dialogue System at NTCIR-12 STC, NTCIR-12 Conference on Evaluation of Information Access Technologies(NTCIR-12), STC: Short Text Conversation, (2016.06) [detail]
川本貴史, 豊田正史, 吉永直樹,マイクロブログからの社会的影響力を持つ情報カスケードの検知手法, 情報処理学会論文誌データベース(TOD) , 9, 2, 23-33 (2016.06) [detail]
合田和生,大学に於ける最先端ITの研究現場とクラウド:「by IT」だけでなく「for IT」への展開, Amazon AWS Summit Tokyo 2016, (2016.06.30) [detail]
Tatsuya Iwanari, Naoki Yoshinaga, Nobuhiro Kaji, Toshiharu Nishina, Masashi Toyoda, Masaru Kitsuregawa,Ordering Concepts Based on Common Attribute Intensity, Proceedings of the 25th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-16), 3747-3753 (2016.07) [detail]
Masahiko Itoh, Naoki Yoshinaga, and Masashi Toyoda,Word-Clouds in the Sky: Multi-layer Spatio-temporal Event Visualization from a Geo-parsed Microblog Stream, the 20th International Conference on Information Visualization (IV2016), 282-289 (2016.07) [detail]
Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto, and Katsumi Tanaka,ScentBar: A Query Suggestion Interface Visualizing the Amount of Missed Relevant Information for Intrinsically Diverse Search, Proceedings of the 39th International ACM SIGIR conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR2016), 405-414 (2016.07) [detail]
Masaharu Yoshioka, Masahiko Itoh and Michele Sebag,Interactive Metric Learning-based Visual Data Exploration: Application to the Visualization of a Scientific Social Network, Post Proceedings of 10th International Workshop on Information Search, Integration, and Personalization (ISIP 2015), 142-156 (2016.08) [detail]
赤崎智,乾孝司,吉永直樹,豊田正史,テキストストリームからの同名異義な未知エンティティの検出, NLP若手の会 第11回シンポジウム(YANS2016), (2016.08) [detail]
岩成達哉,大原康平,吉永直樹,鍜治伸裕,豊田正史,喜連川優,COMAVa: Concept Ordering Method for Acquiring Values, NLP若手の会 第11回シンポジウム(YANS2016), (2016.08) [detail]
鈴木順,菅真樹,林佑樹,荒木拓也,宮川伸也,喜連川優,リソース分離アーキテクチャのためのアクセラレータミドルウェアVictreamの提案, 2016年並列/分散/協調処理に関する『松本』サマー・ワークショップ (SWoPP2016), (2016.08) [detail]
川道亮治,早水悠登,合田和生,喜連川優,データベースシステムにおける問合せ最適化器の評価に関する実験的考察, 電子情報通信学会データ工学研究会(DE), (2016.09) [detail]
喜連川優,オープンリサーチデータとデータプラットフォーム, 月刊 経団連, pp.32-33 (2016.09) [detail]
J. N. Venkatesh, R. Uday Kiran, P. Krishna Reddy, Masaru Kitsuregawa,Discovering Periodic-Frequent Patterns in Transactional Databases Using All-Confidence and Periodic-All-Confidence, International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), Part I, 55-70 (2016.09.05) [detail]
J. N. Venkatesh, R. Uday Kiran, P. Krishna Reddy, Masaru Kitsuregawa,Discovering Periodic-Frequent Patterns in Transactional Databases Using All-Confidence and Periodic-All-Confidence, International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), Part I, 55-70 (2016.09.05) [detail]
佐野仁美,生駒栄司,喜連川優,高リスク優先手法を用いたXRAIN合成雨量の可視化, FIT2016第15回情報科学技術フォーラム, RO-001, (2016.09.07) [detail]
Chihiro Kato, Yuto Hayamizu, Kazuo Goda and Masaru Kitsuregawa,Aging Locality Awareness in Cost Estimation for Database Query Optimization, Proceedings of the 27th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2016), 389-396 (2016.09.08) [detail]
合田和生,最先端IT × NDB.パネルディスカッション&ショートレクチャー:超高齢社会におけるNDBの総合的な活用と医療の在り方, 第22回医療経済研究機構シンポジウム, (2016.09.21) [detail]
Masahiko Itoh and Masashi Toyoda,EventStacks: Integration of Event Visualizations for Physical and Social Sensor Data, An IEEE VIS 2016 Workshop on The Event Event: Temporal & Sequential Event Analysis, (2016.10) [detail]
R. Uday kiran and Masaru Kitsuregawa,Using Periodic Patterns to Discover Events in Twitter, Symposium on Big Data Analytics in Science and Engineering, (2016.10.31) [detail]
根本利弘,喜連川優,ひまわり8号データダウンロード・処理システム, 日本リモートセンシング学会 第61回(平成28年度秋季)学術講演会論文集, B4, 31-32 (2016.11.1) [detail]
R. Uday Kiran, J.N. Venkatesh, Masashi Toyoda, Masaru Kitsuregawa and P. Krishna Reddy,Discovering partial periodic-frequent patterns in a transactional database, Journal of Systems and Software, 125, 170-182 (2016.11.28) [detail]
Tatsuya Iwanari, Kohei Ohara, Naoki Yoshinaga, Nobuhiro Kaji, Masashi Toyoda, Masaru Kitsuregawa,Kotonush: Understanding Concepts Based on Values behind Social Media, Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics(COLING2016)system demonstrations, (2016.12) [detail]
Yoshihiro Shibuo, Eiji Ikoma, Oliver Saavedra Valeriano, LeiWang, Peter Lawford, Masaru Kitsuregawa, Toshio Koike,Implementation of Real-Time Flood Prediction and its Application to Dam Operations by Data Integration Analysis System, Journal of Disaster Research, Vol.11, No.6, 1052-1061 (2016.12) [detail]
合田和生,最近のストレージシステム技術, 日本HDD協会(IDEMA Japan), (2016.12.02) [detail]
A. Anirudh, R. Uday Kiran, P. Krishna Reddy, Masaru Kitsuregawa,Memory Efficient Mining of Periodic-Frequent Patterns in Transactional Databases, IEEE Symposium on Computational Intelligence and Data Mining, 2016, 1-8 (2016.12.06) [detail]
Eiji Ikoma , Akiyuki Kawasaki Toshio Koike, Masaru Kitsuregawa,DIAS as an open science platform for Earth Informatics, Belmont Forum e-Infrastructure data management project Paris Examplars Workshop, (2016.12.14) [detail]
石渡祥之佑,鍜治伸裕,吉永直樹,豊田正史,喜連川優,文脈語間の対訳関係を用いた単語の意味ベクトルの翻訳, 人工知能学会誌, 32, 1, (2017.01) [detail]
梅本和俊, 山本岳洋, 田中克己,網羅性指向タスクにおける未閲覧情報量の提示, 人工知能学会論文誌, 32, 1, WII-G_1-12 (2017.01) [detail]
Tatsuya Iwanari, Naoki Yoshinaga, Masashi Toyoda, Masaru Kitsuregawa,Inducing Writers’ Values on Concept Ordering from Microblog, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), (2017.03) [detail]
早水 悠登, 合田 和生, 喜連川 優,ストレージ消費電力特性に基づく関係データベース演算子の省電力指向コストモデル, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), G1-3, (2017.03) [detail]
Ruiqi Li,Xiang Zhao,Haichuan Shang,Yifan Chen,Weidong Xiao,Fast top-k similarity join for SimRank, Information Sciences, Vol.381, 1-19 (2017.03) [detail]
安川雅紀、喜連川 優,ドローンを用いた生物多様性研究のためのモザイク画像作成に関する検討, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), E7-2 (2017.03) [detail]
Hongshan Jin, Masashi Toyoda,Predicting Influential Cross-lingual Information Cascades on Twitter, 第9 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), (2017.03) [detail]
Jian CHEN, Masashi Toyoda,A/B Testing for Social Network Services with Directed User Graphs, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), (2017.03) [detail]
赤崎智,吉永直樹,豊田正史,発生普及過程を捉えた未知エンティティの発見, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), F6-2, (2017.03) [detail]
大原 康平,佐藤 翔悦,吉永 直樹,豊田 正史,喜連川 優,不足情報を自律的に問う対話エージェントの実現に向けた聞き返しの必要性検知, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2017), (2017.03) [detail]
赤崎智,鍜治伸裕,知的対話アシスタントにおける発話の雑談意図の判定, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), A4-3, (2017.03) [detail]
小泉実加,吉永直樹,豊田正史,マイクロブログにおける画像に関する投稿文脈の獲得, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), D3-1, (2017.03) [detail]
佐藤佑紀,早水悠登,合田和生,喜連川 優,最近の磁気ディスクドライブに於ける高遅延特性の観測とデータベース処理性能への影響の考察, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), H5-4, (2017.03) [detail]
佐藤翔悦,吉永直樹,豊田正史,喜連川優,暗黙の発話状況を考慮したニューラル対話モデル, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), A4-5, (2017.03) [detail]
梅本和俊, 豊田正史,実世界での行動に影響を与える情報のソーシャルメディアからの発見, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), D3-2 (2017.03) [detail]
豊田正史, 横山大作, 伊藤正彦,運転状況を考慮したドライブレコーダデータからの潜在リスク交差点検知手法, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), A5-1 (2017.03.07) [detail]
合田和生,山田浩之,喜連川優,満武巨裕,我が国の公的医療保険の悉皆分析を可能とする高速レセプト解析システムの開発と今後の展望, 電子情報通信学会第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/第15回日本データベース学会年次大会(DEIM2017), E3-2 (2017.03.07) [detail]
横山大作, 豊田正史,移動軌跡データ前処理の分散計算において要求される機能構造に関する一考察, 第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017), (2017.03.09) [detail]
佐野仁美,生駒栄司,喜連川優,小口正人,XRAIN 合成雨量データを用いた高リスク優先手法アルゴリズムの提案, 情報処理学会 第79回全国大会, 5B-02, (2017.03.17) [detail]
山本昭夫,喜連川優,GPUを用いた気候変動影響評価における全球規模トレンド分析の高速化, 情報処理学会第79回全国大会, 3A-06, (2017.03.17) [detail]