メンバー専用
Select Language
サイト内検索
メインメニュー
急速な老朽化が進むインフラに対して、予防保全による維持管理技術の確立は喫緊の課題である。本研究開発では橋梁と舗装に着目し、センシングデータの多量収集技術、統合的データ管理・分析技術の基礎研究を行い、事故リスクの高いインフラを、確実かつ効率的に絞り込むためのスクリーニング技術に関する研究開発を行う。

前のページ
交通ビッグデータに基づく運転者指向サービス基盤技術の研究開発
コンテンツのトップ 次のページ
環境省環境研究総合推進費:自然保護地域における協働管理のための情報交流システムの開発:奄美大島をモデルとして (H26-H28)