メンバー専用
Select Language
サイト内検索
メインメニュー
文部科学省キーテクノロジー研究開発の推進 平成19年度〜
次世代IT基盤構築のための研究開発
「非順序型実行原理に基づく超高性能データベースエンジンの開発」

情報爆発時代に突入し、情報の戦略的利活用のためには、従前より巨大なデータを著しく高速に解析可能とする技術の開発が必須である。本委託業務では、関係データベースシステムにおける問合せ処理の飛躍的な性能向上を達成するべく、関係データベースの処理結果は読出すレコード順序に拠らないという点に着目し、二次記憶に対する大量の非同期読込みの発行と、非決定的な到着順序での処理を特徴とする非順序型実行原理に基づく超高性能データベースエンジンの設計・実装を行うとともに、当該エンジンを支える周辺システム技術として資源調整技術および挙動モニタリング技術を開発し、加えて実証評価基盤システムを構築し、解析指向の超巨大データ活用アプリケーションを用いてその有効性を実証することを目的とする。

前のページ
特定領域研究:情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究(H17-22, 終了)
コンテンツのトップ 次のページ
リーディングプロジェクト:e-society 基盤ソフトウェアの総合開発 「先進的なストレージ技術およびWeb解析技術」(H15-19, 終了)